アロマとの関わり方は十人十色

投稿者:admin

アロマとの関わり方は十人十色

趣味の一つという考え方

アロマという言葉を知らない方はほとんどいないと思います。「アロマ」の意味も、「香りとかを使って…する感じ?」という風に、だいたい予想されますよね。でも「生活にアロマをとりいれていますか」、と聞かれると悩んでしまうかもしれません。実際には、ほとんどの方が、アロマに接して生活しているような物です。例えば、ちょっとした、春の桜の香りや、夏の森林の香りや、秋のコスモスの香りを生活の中で、感じる機会があるはずです。
これがアロマの第一歩です。ですので、「アロマを始める!」と意気込むよりは、まずは本や、お好みのアロマの香りを探す事から始めてみると良いでしょう。アロマの特性として、香りの好みが人それぞれ異なります。自分の好みの香りを知ると、アロマセラピーなどに興味がわいてくるはずです。本やネットでも、様々なアロマの情報が得られます。そして、さらにアロマについて詳しく知りたい、色々試してみたいと思ったらアロマスクールに行くのも一つの手段です。
アロマスクールで、実際にプロの方から教えてもらうのが良いかもしれません。アロマセラピーをするにあたって、アロマをマッサージに用いる際のキャリアオイルへの溶かし方や、ハーブ(アロマの元の葉)の使い方などは、見て学ぶのが早いでしょう。今は、アロマセラピー検定などの資格試験もあります。こういった資格対策には、アロマスクールが最適だと思います。アロマを趣味の一つとしても良いですし、資格を取って自分のキャリアアップにつなげても良いと思います。

学校の種類と受講内容

アロマスクールと一口にいっても、スクールによってその特徴はさまざまです。特に開講されている授業に関しては多岐にわたります。まず、資格取得のための講座が一般的です。アロマテラピー検定3級・2級に合格するためのものから、その先のアロマテラピーインストラクターやアロマテラピーセラピストになるための講座もあります。
アロマテラピーインストラクターは、アロマについての知識を人に教えるための資格で、アロマテラピーセラピストは、実際に身体にマッサージを施すために必要な資格となっています。最近注目されているのがアロマブレンドデザイナーという資格で、いくつかのアロマをブレンドしてお客様に最適なアロマを紹介できる資格などもあります。
資格取得のためにスクールに通う人は多いでしょうが、アロマスクールでは資格とは別に、趣味で楽しめるアロマクラフト作りなどの講座も開講しています。石けんやキャンドルといったものを作る講座から、アロマ×ヨガなどの体験を交えたものもあります。最近では、アロマが採取できる場所に出かける旅行型の講座なども増えています。座学だけでなく体験を重視したものがあるため、アロマスクールを選ぶときは自分のやりたいことが講座としてあるかどうかをチェックするのが重要です。

著者について

admin administrator

コメントを残す

CAPTCHA